2010/07/30

絵本~雲のてんらん会




雲一つない青空もきれいだけれど、雲で模様付けされた空もとても楽しくて好き。一つとして同じ雲はないから、この日この時間の雲との出会いは一期一会。
絵本を読んだら、雲を写真でとらえてみたくなりました。1枚目は絵本の表紙「空の牧場」、2枚目は小さな女の子の天使・・・

marieBerte coussin coeur

水色の木、赤い小花・・・とても美しくてロマンティックなハートクッション。saraはこのクッションが大好き。我が家に到着した時はおままごとのジュースでおもてなしをしていました。「ドキドキさん」って呼んでいます。Susan Liebe の仲間たちにすっかり馴染んで、ソファーで楽しく過ごしています。
・・marieBerte・・
・・Mom stories・・

2010/07/28

Little Bambi

バンビが我が家に来てから1年半になります。saraが丁寧に扱っているとはとても言い難く、いつも冷や冷やしながら見ています。でも、その愛らしさゆえ、飾らずにはいられないのです。

2010/07/26

じぃじ ベトナムへ 

じぃじが仕事の関係で1か月間ベトナムに滞在することになりました。今日は出発の日。saraは成田空港まで見送りに行きました。初めて見る空港の広さにちょっとびっくりしたようだけど、興味津々であっちこっちを探検していました。
いよいよ搭乗の時。saraは手紙と写真入りの封筒を渡して、バイバイのタッチ。じぃじは照れ屋さんなので、あっけないくらい簡単なお別れだったけれど、この後ばぁばが「じぃじが自分で書いたんだよ」と言って、saraにお小遣い入りの封筒を手渡しました。私はちょっと胸が熱くなりました。この後は空港内のお店巡り。かわいい雑貨を見つけたのでおみやげに買ってきました。
じぃじのベトナム行きが決まってから、じぃじが大好きなsaraは「一緒にベトナムに行きたい」とよく言っていました。次回滞在時の3月には、私たち親子も旅行に行けたらいいなぁと思います。

大好きなじぃじと早く遊べますように saraより
お父さんが無事に帰国できますように 娘より


2010/07/25

Blue Butterfly 

とても暑い日だったので、おうち遊びになりました。ビー玉ジュースを作ったり、ブロックのハートでどきどきごっこをしたり、バンビとにらめっこをしたり、おうち遊びもなかなか楽しいものです。私もちょっと遊び心を出して、saraを蝶にしてみました。

2010/07/24

natsuminishizumi Bunny T-shirt and Flower Field Coasters


おすまし顔に水玉スカーフのおしゃれなうさぎさんが描かれたBunny T-shirt 。オーガニックコットンのやさしい色合いと肌触り。早速着てみたsara、ニコニコご機嫌です。 
Flower Field Coastersの柄は、お花畑に見えたり、陽だまりに見えたりと、自然のやさしさを感じます。いろいろな使い方ができて、とても楽しい!二つともnatsuminishizumiで購入したもの。
そして、natsuminishizumi のブログでは、透明感があってふわっとしてすーっと自然に溶け込んでいくかのようなイラストたち、植物たちが語りかけてくるようなやさしげな写真たちに出会うことができます。なつみさんの感性が大好きです。
そうそう、ラッピングに使われていたシールがとてもかわいいです❤ 切り取って飾っています。


2010/07/20

saraとおでかけ~恵比寿ガーデンプレイス



昨日は少し涼しくなった夕方に出かけました。三越では「hacomo」の企画展が開催されていました。
「hacomo」とはダンボール素材から出来た工作キット。saraには真っ白なぞうさんを買いました。組み立てた後はsaraが自由に色や模様をつけて、オリジナルのぞうさんをつくることができます。
そして、夜7時には広場で、STAR LIGHT CINEMA2010が始まりました。自然の風にあたって、キッチンカーの軽食をつまみながら映画を観られるなんてとっても楽しそう。でも、我が家は帰宅しなければならない時間・・・saraもまだ帰りたくないって残念そうでした。

2010/07/18

詩集~二人が睦まじくいるためには


詩人 吉野弘さんの詩集。
タイトル「二人が睦まじくいるためには」は、「祝婚歌」の最初の一行です。詩はこう始まります。

二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい・・・

夫婦といえども、わかりあえないことはたくさんあります。その時は、肩の力をぬいて一緒にいることの大切さを感じてみようと教えてくれた詩です。結婚する人たちにプレゼントしたい詩です。友人の結婚式で朗読しました。

そして、今一番、心に響くのは「奈々子に」。

お父さんが
お前にあげたいものは
健康と
自分を愛する心だ・・・

さらがお腹に宿ったころ、健康に生まれてきてくれればそれでいいと願っていたはず。なのに、成長するにつれ、どんどん期待が膨らんできてしまう。この詩を読んだ時、はっとしました。こんな小さな子にどれだけ重荷を背負わせていくつもりだったのだろうかと。この詩をいつも心に留めておかなければと思います。

最後に、これから母になる方へのお勧め。
「早春のバスの中で」
「白い表紙」

2010/07/17

anne black black is blue decorative heart

ハンドペイントでひとつひとつ 描かれた、雪の結晶のようなブルーのお花たち・・・お店のHPでとても素敵に紹介されていました。雪の結晶が大好きなsaraのお気に入りです。
ふっくらとしたハートの中にはたくさんの幸せが詰まっているみたい。美しくて、そしてあたたかな作品です。
Mormors Scandinavia で購入しました。


2010/07/15

Susan Liebe whale

ブルーがとってもきれいなくじらさん。デンマークの美しい海のイメージ。おなかはsaraの大好きなナナカマドの実のような柄で、こちらは山のイメージ。海と山、とても楽しい組み合わせです。このくじらさん、山のおうちで留守を守るという大役をお願いしようと思っています。
くじらさんと一緒に来てくれた小さな絵たち。小さな女の子が大きめの傘を一生懸命さしている姿がなんともかわいらしい❤ こういう絵に弱い私です。
Mormors Scandinavia で購入しました。

2010/07/14

ロッタちゃんと赤いじてんしゃ Lotta på Bråkmakargatan

日曜日、saraは初めてロッタちゃんのDVDを観ました。ロッタちゃんは5歳、saraはじきに3歳。ちょっとお姉さんのロッタちゃんのこと、好きになったみたい。
いつもおこりんぼでふくれっつらのロッタちゃん。でも、何にもとらわれず伸び伸びと自由で、愛すべき女の子。こどもらしいってこういうことなのかな、私もsaraのことを少し大目にみなければって思いました。
インテリアと洋服、とても素敵でした。手編みのブランケットや刺繍の施されたクッション、カラフルなファブリック、ロッタちゃんの赤い水玉ワンピースと赤いバッグ・・・ほしいものばかりです。

2010/07/12

小さなヴィンテージの壁紙チェスト


dkzakka(デンマークの雑貨屋さん)original。ヴィンテージの壁紙でデコレーションした小さなチェスト。かわいい子猫たちやパッチワーク柄の組み合わせがとてもやさしい雰囲気です。きれいなグリーンがメインカラーになっていて、緑に囲まれた山のおうちにぴったりです。saraそして、その先の子供たちのたからものになってくれるように、大事に大事に飾っていきたいと思います。

2010/07/10

甚平さんの休日

今日は保育園の夏祭り。でも、夏風邪が治らず、残念ながらsaraは出られませんでした。昨日から用意してあった甚平さん(かまわぬで購入したもの)、出番がないのはかわいそうなので家で着ることに。
そして、だいぶ前に買ったCD「風うた」をやっと発見!風りんの音が好きなsara、やっぱり喜びました。えんそう、風。がっき、風りん。音が聞こえているあいだ、ずーっと風が吹いているというCD。
暑い日だったけれど、甚平さんと「風うた」のおかげで涼しく過ごせたかな。

絵本~空がレースにみえるとき When the sky is like lace

空がレースにみえるビムロスの夜。乙女たちは白いネグリジェそして裸足のまま、むらさき色の世界に出かけていきます。不思議なことがたくさんあるけれど、乙女たちには不思議でもなんでもない、それが乙女の世界観だから。
詩的な文なのでsaraには難しいかなって思いましたが、すーっとと心に届くみたいで、お気に入りの言葉などを復唱しています。幼いながらも立派な乙女です。
Barbara Cooneyの美しく幻想的な絵に引き込まれます。乙女の危うい美しさに、映画「The Virgin Suicides」を思い出しました。

2010/07/08

saraの言葉

saraが「ママの手はやさしいね~」と言ってくれました。そんなこと、生まれて初めて言われました。
嬉しくて、saraと一緒に手の記念撮影。
ママからすれば、saraの手のほうがもっともっとやさしい。こんなに小さな手なのに、ぬくもりがたくさんたくさん。