2011/04/24

My spring style






Scarf  from EPICE
Bag from CIMABUE

All of them are my treasures. My dream is that I will give Sara all of them when she grows up to be a lady.  

2011/04/23

Flowers for dear Anette


Dear Anette

I congratulate you on your graduation.
I  am sure you will  have many wonderful experiences at primary school.
I am watching your growth affectionately. 

ps. I wish you would teach Sara many things about Norway if we go to Norway.  

Today,Sara and I made paper flowers with thinking of dear Anette.

2011/04/18

Happy family time with spring flowers








4月になってから、私と主人は残業が続き、保育園の迎えは、ほとんどばぁばに。私がSaraと過ごせる時間は朝と寝かしつける間の少しの間だけになりました。寂しいです、本当に。Saraも口には出さないけれど、寂しいと思います。
数日前、Saraが夜に熱を出しました。その時、次の日をどっちが休むかで私と主人で言い争いになりました。少しして、黙っていたSaraが「じゃあ、誰が休むの?」と一言寂しげに言いました。その時、はっとしました。まだ3歳だから、話している内容はわからないだろうと思っていたのです。Saraに本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。そして自分はなんて情けない親なんだろうと思いました。いつも愛情いっぱいの優しい笑顔をもらってばかり。私はSaraに愛情をきちんと伝えられているのかな・・・
写真は日曜日に行った恵比寿ガーデンプレイスで撮りました。本当は、片付かない仕事がたくさんあって、職場に行こうかと思っていたのだけれど、家族の時間を優先しました。きれいな花々にはしゃぐSaraの楽しそうな笑顔が見られて本当に良かった!

My husband and I have worked overtime ,and my mother has picked Sara up the nursery school recently. I have less time to be with her. I feel very lonely.
The other day evening, Sara had a temperture.My hasband and I had a quarrel about who took time off from work and nursesd her. I insisted  that  I could never take time off from work , and he insisted the same thing too. At that time,Sara asked us saddly " Who will take time off from work? " . I was very surprised to hear the such thing from her, because she is only 3 years old, and I thought she couldn't understand what we said.I  am a very silly mother. She always gives me her affectionate smile, but I can't do anything as her mother should be.

These photos were taken on this sunday. Spring flowers and Sara's smile were very bright. We had happy family time.

2011/04/14

今日という日をたからものに "Today"


大好きなChibiRuさんのブログが大切な言葉を教えてくれました。

あなたが虚しく過ごした今日という日は
きのう死んでいったものが
あれほど生きたいと願ったあした
                    
                    (趙昌仁「カシコギ」より)

大震災から一カ月目の4月11日、被災地にまた震度6弱の強い地震がありました。避難所にいる小さな男の子、地震が恐くて泣いていました。その映像をニュースで見たとき、悲しくて悲しくて胸がはりさけそうでした。「もう、いいかげんして」・・・どこにもぶつけようのない怒り、そして深い悲しみに押しつぶされそうになりました。

その時に出会った、この言葉。私の悲しみの日々はいったい誰のためになるの?。そんなことを自分に問いかけました。負けたくないと強く思います。今日という日を精一杯生きて、今日がたからものとなるように。そう、いつもきらきらとした今日を生きているSaraのように。

I fond wonderful words in my favorite blog"ChibiRu".

Today, which you have spent idly,
is the tomorrow of somebody who died yesterday
and was desperate to live.

The words was written by 趙昌仁. He is korean.

I wish your today will be wonderful.

2011/04/10

さくら 桜  Cherry blossoms  










お弁当を持っていけばよかったなぁと後悔。「今度は持ってこようね。」とSaraと話しました。桜、とってもとってもきれいでした。そして、毎年当たり前の風景なのに、こうしてお花見ができることに深く感謝しました。

Cherry blossoms are at their best now. 
In the park, there were many people who enjoyed  viewing cherry blossoms and eating and drinking with family, friends, or coworkers under the trees. It is said that Japanese love the flowers so much because they only bloom for such a short time. Cherry blossoms burst into bloom, die and fall to the ground in a matter of days. Japanese see it as a fragile beauty.

I want to share my happiness with all of you.
Dear Maia  made a very beautiful illustration"Cherry Blossom Girl " for Japan. She told me she was inspired by one of my images of Sara. Thank you very much Maia.

2011/04/07

April








cherry blossom season 

warm sunshine
my favorite masking tapes
and Sara's bright smile

my happy spring day