2014/08/24

Tea Room 藤屋 Fujiya








善光寺からの帰り、THE FUJIYA GOHONJINに寄りました。

こちらは江戸時代は「御本陣藤屋」として、加賀百万石・前田家藩主が常宿としていた場所で、その後、大正時代に入り、宮大工の手によって大正ロマンティシズムが薫る和魂洋才の館に生まれ変わったそうです。今はレストランや結婚式場として利用されていて、宿泊はできないようです。

ちょうど午後のお茶の時間頃でしたので、Tea Room藤屋に入りました。
私たちが案内された席からは、苔のむした美しい日本庭園が見えました。

私がいただいたのはりんごパイ。
ごろっと大きな甘酸っぱいりんご、バターたっぷりサクサクのパイ生地、甘いバニラアイス、ほろ苦いキャラメルソース。
こんなにおいしいりんごパイを食べたのは初めて。
今すぐにでも、何度でも食べたいと思ってしまう。なんて魅惑的なりんごパイなのでしょう。

善光寺に行かれた際はぜひお立ち寄りになって、りんごパイをお召し上がりくださいませ。

2014/08/21

善光寺表参道 Zenkoji Omote-sando

あいにくの雨でしたけれど、善光寺表参道を少し歩いてみました。
この写真は万華鏡のお店を出てきたところです。

 お気に入りの水色の傘をさして、てくてくと。

お蕎麦を打つ姿がとても絵になります。

こちらはカフェのようでした。


この趣きのある建物は・・・

なんと郵便局でした。以前は旅館だったそうです。旅人の思い出がたくさん詰まった、とてもいい建物です。丸型のポストもとてもいい感じ。

2014/08/17

善光寺 Zenkoji Temple









善光寺に行ってきました。
私たち家族にとって2度目の観光です。
今回は初めて、Saraと二人でお戒壇巡りをしました。

本堂内々陣の奥にお戒壇巡りの入口があります。お戒壇巡りとは、瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡り、中程に懸かる「極楽の錠前」に触れることで、錠前の真上におられる秘仏の御本尊様と結縁を果たし、往生の際にお迎えに来ていただけるという約束をいただく道場のことだそうです。

本当に回廊は真っ暗闇で何も見えないので、前の人の身体に触れてしまうこともたびたびありました。はぐれてしまわぬよう、Saraの手をしっかり握りしめて先に進みました。
私はもしかしたら閉所恐怖症?これまでにない恐怖と息苦しさを味わいました。とにかくここから早く出たいという気持ちでいっぱいでした。極楽の錠前に触れたかどうかはわかりません。

もう二度と挑戦することはないでしょう。
そんな私とは対照的にSaraはもう一度挑戦したいと言っていましたが。。。

あいにくの雨だったので、境内をゆっくり回ることはできませんでした。それはまた次回に。

about Zenkoji Temple  http://www.zenkoji.jp/ENGLISH/about/

2014/08/16

津金学校  Tsugane school







 
 





私がブログでよく紹介している明治カフェは、こちらの津金学校の1階にあります。
今回は津金学校を紹介します。

津金学校は八ヶ岳南麓の廃校となった木造校舎です。現在は歴史教育やアートなどの企画展、多様なボランティアが関わっての「津金一日学校」をはじめ、教室や講演会など、「地域に開かれた学校として利用されています。
明治8年に建築され、昭和60年に廃校となった、日本で現存する最古の擬洋風学校建築の一つだそうです。

2階は昭和30年頃の教室の風景が再現されています。歩くたびにも木の床がギシッギシッと音をたてます。それがまた懐かしい響きです。

3階は太鼓楼と呼ばれる小さな部屋です。和太鼓をポンっとたたけば元気がでますよ。

ぜひぜひお勧めのスポットです。